ワームを用いたバックドア型ハッキングについて警告(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

ワームを用いたバックドア型ハッキングについて警告(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 米エフ・セキュア社は、新しいワームを用いたバックドア型ハッキングに用心するよう警告を発した。米マイクロソフト社の開発部門がQAZと名付けられたワームによるハッキング攻撃を受けたことからみても、今後もこうしたワームを用いたハッキング攻撃による機密情報へのアクセスが発生する可能性は高いという。攻撃手段は単純で、ハッカーはQAZ等のワームを用いてターゲットとなった組織内のあらゆるコンピュータを感染させた後、このワームが蔓延するのを待つだけ。ワームは標的となったコンピュータに入り込むと情報をハッカーに報告し、ハッカーはこれにより、当該コンピュータにアクセスし、バックドアを用いてコンピュータ上のあらゆるデータを盗んだり、変更を加えることができるようになる。なお同社のウイルス対策製品は自動的にQAZワームを用いた攻撃を検知し、防御する。

http://www.F-Secure.com/ (英文)


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×