ホワイトハウス、プライバシー方針の違反を指摘される(Privacilla.org) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

ホワイトハウス、プライバシー方針の違反を指摘される(Privacilla.org)

 インターネットのプライバシー問題を研究するシンクタンクPrivacilla.orgは、ホワイトハウスの児童向けウェブサイトがクリントン政府の規定するプライバシー方針に背いている、とする報告書を発表した。

国際 海外情報
 インターネットのプライバシー問題を研究するシンクタンクPrivacilla.orgは、ホワイトハウスの児童向けウェブサイトがクリントン政府の規定するプライバシー方針に背いている、とする報告書を発表した。

 同報告書によると、ホワイトハウスの児童向けサイト“White House for Kids”は、クリントン政権の強力な支持を得て1998年に制定された児童オンライン・プライバシー保護法(COPPA)に違反しているという。COPPAは、子供から個人情報を収集する際、事前に親の同意を得ることを児童向けサイトに義務づける法律だ。当初、COPPAは商業用ウェブサイトのみ適用されていたが、クリントン政権の行政管理予算局が連邦政府機関のサイトもCOPPAを遵守するよう各省庁に通達した。しかしPrivacilla.orgの真の狙いは、“White House for Kids”サイトが掲げるプライバシー方針の慣行を非難することではなく、COPPA自体の問題点を浮き彫りにすることにあるようだ。

 同組織は報告書の中で、“White House for Kids”サイトは子供たちを深刻な危機に晒しているわけではない。それは、商業用の児童向けサイトも同様である。しかしCOPPAが今年(2000年)4月に施行されて以来、双方向性の教育的コンテンツを配信していたいくつかのサイトがCOPPAの要件を満たすことが出来ず閉鎖に追い込まれた、と指摘した。

 それを受けてホワイトハウスの広報担当Mark Kitchens氏は「全ての政府機関はCOPPAを遵守すべし、というのが大統領の意向だ。COPPAは子供を食い物にしよう企む人々から子供を守るための非常に重要な法律だ」と述べた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×