コンピュータ犯罪法、制定される(カリフォルニア州) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.15(土)

コンピュータ犯罪法、制定される(カリフォルニア州)

 Gray Davisカリフォルニア州知事は9月27日、意図的にコンピュータ・ウイルスを撒き散らしたハッカーに対し、現行の法律より厳しい刑罰を科すコンピュータ犯罪法案に署名した。

国際 海外情報
 Gray Davisカリフォルニア州知事は9月27日、意図的にコンピュータ・ウイルスを撒き散らしたハッカーに対し、現行の法律より厳しい刑罰を科すコンピュータ犯罪法案に署名した。

 Rico Oller議員(共和党、サンアンドレアス選出)が提出したコンピュータ犯罪法案は、コンピュータ・ウイルスの散布もしくは商業用ウェブサイトの機能を停止させるために無用な情報を無数に送り付けるハッカーに適用される。コンピュータ・システムへのウイルス散布の罪に問われた場合、初犯で罰金5000ドルが科せられる。また、ウイルス散布により1万ドル以上の損失をもたらした場合は、州刑務所において禁固3年の刑に処される。現行の法律では、ウイルス散布は罰金250ドルの違法行為と規定されている。

 Oller議員は「カリフォルニアはコンピュータ世界の中心地だ。拠って我々は、犯罪目的に新技術を悪用しようと企むハッカーを阻止すべく先陣を切って対抗措置を講じた」と述べた。
 Davis知事が署名した新法律では、ID窃盗に遭った場合、被害者は名前やクレジットカード番号など自身のデータを登記機関から消去することができる。
ID窃盗とは、不正小切手の作成や被害者の銀行口座から預金を引き出すなどの詐欺行為を目的に社会保障番号や銀行口座番号など個人データを盗むことである。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×