IBM、コンパック、日立製作所と共同でWindows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスを提供開始(NRI野村総合研究所) | ScanNetSecurity
2022.08.13(土)

IBM、コンパック、日立製作所と共同でWindows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスを提供開始(NRI野村総合研究所)

 NRI野村総合研究所は、IBM、コンパックコンピュータ、日立製作所と共同で、Windows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスの提供を10月から開始すると発表した。これは、同社がマイクロソフト、インテル、コンパックなど各社から協力を得て実施してきた

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NRI野村総合研究所は、IBM、コンパックコンピュータ、日立製作所と共同で、Windows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスの提供を10月から開始すると発表した。これは、同社がマイクロソフト、インテル、コンパックなど各社から協力を得て実施してきたベンチマークテストなどの結果、同サーバを採用したシステム構成を組むことにより、99.99%のサーバ稼働率を実現できることを確認したため。サーバは前記3社の製品を採用しハードウェア保守体制も適用する。同社は、インターネットデータセンター世界最大手のエクソダスコミュニケーションズと業務提携し、日本初のインターネットデータセンターサービスを本年4月から開始している。

http://www.nri.co.jp/news/2000/000926.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×