IBM、コンパック、日立製作所と共同でWindows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスを提供開始(NRI野村総合研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

IBM、コンパック、日立製作所と共同でWindows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスを提供開始(NRI野村総合研究所)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 NRI野村総合研究所は、IBM、コンパックコンピュータ、日立製作所と共同で、Windows 2000 Datacenter Serverを採用したサーバ運用サービスの提供を10月から開始すると発表した。これは、同社がマイクロソフト、インテル、コンパックなど各社から協力を得て実施してきたベンチマークテストなどの結果、同サーバを採用したシステム構成を組むことにより、99.99%のサーバ稼働率を実現できることを確認したため。サーバは前記3社の製品を採用しハードウェア保守体制も適用する。同社は、インターネットデータセンター世界最大手のエクソダスコミュニケーションズと業務提携し、日本初のインターネットデータセンターサービスを本年4月から開始している。

http://www.nri.co.jp/news/2000/000926.html


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×