インターネットの普及がID窃盗増加の一因(米連邦取引委員会) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

インターネットの普及がID窃盗増加の一因(米連邦取引委員会)

 米連邦取引委員会(FTC)は、FTCのホットライン(緊急直通電話)に寄せられた苦情のうちID窃盗に関する件数が過去6ヶ月間で約3倍に増加したと発表した。専門家らは、インターネットの普及が増加の一因と見ている。

国際 海外情報
 米連邦取引委員会(FTC)は、FTCのホットライン(緊急直通電話)に寄せられた苦情のうちID窃盗に関する件数が過去6ヶ月間で約3倍に増加したと発表した。専門家らは、インターネットの普及が増加の一因と見ている。

 FTCのHelen Foster氏はホットラインに寄せられたID窃盗の苦情件数について、3月は週平均400件ほどだったのが、7月には週平均1000件にまで増加したと述べた。そして「銀行に直接行って、クレジットカードの申請手続きなどをすることに不都合を感じている犯人は、インターネットを非常に便利な道具と捉えているだろう。なぜなら、直接、顔を見られることなく様々な手続きをすることができるのだから」と述べた。また、同氏は個人情報(名前、住所、クレジットカード番号など)流出の増加傾向についてもインターネットが深く関与していると指摘した。

 FTCに寄せられる苦情の中で最も多いのが、クレジットカード詐欺に関するもので全体の約50%を占めている。次は、携帯電話詐欺関連の28%となっている。携帯電話詐欺は携帯電話の暗号コードを盗んで別の電話に転送し、結果、元の電話の持ち主に通話料金が請求されるものだ。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×