LOVEウイルスの新変種、スイス系大手銀行を攻撃(UBS) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

LOVEウイルスの新変種、スイス系大手銀行を攻撃(UBS)

 スイス系大手銀行UBSは、5月に猛威を振るった“Love Letter”ウイルスの新変種を確認したと発表した。同社によると、8月16日の朝、UBSのコンピュータ技師がアンチウイルス・ソフトを作動させてウイルスの拡散を阻止したため、大きな被害は免れたという。今回の件で危険

国際 海外情報
 スイス系大手銀行UBSは、5月に猛威を振るった“Love Letter”ウイルスの新変種を確認したと発表した。同社によると、8月16日の朝、UBSのコンピュータ技師がアンチウイルス・ソフトを作動させてウイルスの拡散を阻止したため、大きな被害は免れたという。今回の件で危険に晒されたのは、オンライン・バンキングのごく一部の顧客のみだ。犯人はまだ特定されていないが、UBSは法的措置を検討している。

 この新ウイルスの特徴は、パスワードを盗み出すプログラムをダウンロードし実行する点だ。UBSはコンピュータ・システムについて、アンチウイルス・ソフトは更新されており安全かつ信頼性の高いインターネット・バンキング・ソリューションだと主張している。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×