LOVEウイルスの新変種、スイス系大手銀行を攻撃(UBS) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

LOVEウイルスの新変種、スイス系大手銀行を攻撃(UBS)

 スイス系大手銀行UBSは、5月に猛威を振るった“Love Letter”ウイルスの新変種を確認したと発表した。同社によると、8月16日の朝、UBSのコンピュータ技師がアンチウイルス・ソフトを作動させてウイルスの拡散を阻止したため、大きな被害は免れたという。今回の件で危険

国際 海外情報
 スイス系大手銀行UBSは、5月に猛威を振るった“Love Letter”ウイルスの新変種を確認したと発表した。同社によると、8月16日の朝、UBSのコンピュータ技師がアンチウイルス・ソフトを作動させてウイルスの拡散を阻止したため、大きな被害は免れたという。今回の件で危険に晒されたのは、オンライン・バンキングのごく一部の顧客のみだ。犯人はまだ特定されていないが、UBSは法的措置を検討している。

 この新ウイルスの特徴は、パスワードを盗み出すプログラムをダウンロードし実行する点だ。UBSはコンピュータ・システムについて、アンチウイルス・ソフトは更新されており安全かつ信頼性の高いインターネット・バンキング・ソリューションだと主張している。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×