固有時間を利用した機器認知システム「TAO TIME認知システム」を発表(ジェーシーエヌ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

固有時間を利用した機器認知システム「TAO TIME認知システム」を発表(ジェーシーエヌ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ジェーシーエヌ株式会社は7月7日、世界で初めての機器認知システム「TAO TIME認知システム」を発表した。同製品は、「時間」に関する新しい概念であるTAO時計を基本特許として誕生したものである。従来のセキュリティ方式である「暗号方式」、「本人認証方式」とは役割が異なり、TAO時計で使われている「固有時間」という考え方を採用したものである。

 「TAO TIME認知システム」は、ユーザー名、パスワード、IPアドレス、ログデータ、オブジェクトなどの識別子の他に、TAO TIME認知システムが生成する「TAO TIME認知コード」を機器識別子として加えているので、より強固なセキュリティの実現が可能となる。「TAO TIME認知コード」とは、コンピュータ毎に刻時総量が異なる固有時間量を設定し、サーバとクライアント間でデータのやりとりが行われる度に、お互いの固有の時間経過を数値で算出したもの。

 製品第1弾として、OS依存型ソフトウェアモデル「TAO Proxy Server Mode Ver.4.0」が9月に出荷される。

http://www.jcn9000.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×