電子署名法案、可決される(米下院) | ScanNetSecurity
2019.11.18(月)

電子署名法案、可決される(米下院)

 電子署名および電子文書に紙の署名や契約書と同等の法的効力を与える法案が6月14日、426対4で下院を通過した。この法律が制定されると、消費者や企業は急速に発展している電子商取引の場において小切手のサインやローン申請などをオンラインで行えるようになる。  「

国際 海外情報
 電子署名および電子文書に紙の署名や契約書と同等の法的効力を与える法案が6月14日、426対4で下院を通過した。この法律が制定されると、消費者や企業は急速に発展している電子商取引の場において小切手のサインやローン申請などをオンラインで行えるようになる。
 「今後、消費者はオンラインで住宅ローンの申請や生命保険証券の取引価格を入手できるようになる」とThomas Bliley下院議員(共和党、バージニア州選出)は述べた。また電気、ガス、水道などの基幹サービスの解約、立ち退き通告、裁判所命令などもオンラインで行えるようになる。
 もちろん電子署名を使用するか否かの選択権は消費者に委ねられており、従来の手書きの署名も有効だ。
 しかし業界の専門家らは、電子署名で必要とされるソフトウェアや技術がまだ一般に普及されていないため、平均的な消費者が電子署名を使用するには、まだ時間がかかると見ている。
 同法案は上院に送られた後、クリントン大統領が署名し、10月1日に施行される見通しだ。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×