米エネルギー省長官、核兵器研究所に関する公聴会を欠席 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

米エネルギー省長官、核兵器研究所に関する公聴会を欠席

国際 海外情報

 国立ロスアラモス兵器研究所で核兵器の機密情報を含んだディスクが2つ紛失し、Bill Richardson米エネルギー省長官は激しい非難を浴びた。そのため、Richardson長官が6月14日の公聴会を欠席し、上院は米中央情報局(CIA)の副長官をエネルギー省管轄核兵器研究所の統括責任者に据えることを承認した。
 Richardson長官は、ディスク紛失に関する上院情報エネルギー委員会の公聴会の証人として出席する予定だったが、直前になって委員会を欠席すると通告し、長官不在のまま公聴会は開催された。
 後にJohn Warner上院議員(共和党、バージニア州選出)は、Richardson長官は14日午後に全米記者クラブでスピーチの予定があったことを明らかにし、さらに来週の水曜日(6月21日)上院軍部委員会の証人になることに同意したと付け加えた。
 ロスアラモス国立研究所のJohn Browne所長やエネルギー省セキュリティ担当責任者Eugene Habiger氏などが紛失したデータに関し証言台に立ち、詳細の一部を明らかにしたが、2つのディスクが紛失した具体的な経緯については何も知らないと証言した。エネルギー省防諜局Curran局長は、今回の事件にスパイが絡んでいる可能性は低いとし「我々の任務は2つのディスクに何が起こったのかを追求することだ」と述べ、調査は非常に微妙な段階にさしかかっていると付け加えた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  2. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  5. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×