コンピュータ・ウイルス散布に対し刑罰を規定(ペンシルバニア州) | ScanNetSecurity
2019.11.19(火)

コンピュータ・ウイルス散布に対し刑罰を規定(ペンシルバニア州)

 Tom Ridgeペンシルバニア州知事は5月26日、コンピュータ不正使用に関する州法案に署名し、故意にコンピュータ・ウイルスを撒き散らした場合、禁固7年および罰金15000ドルの刑に処されることになった。さらに、ウイルス散布によって生じた全ての損害に対し、損害賠償金

国際 海外情報
 Tom Ridgeペンシルバニア州知事は5月26日、コンピュータ不正使用に関する州法案に署名し、故意にコンピュータ・ウイルスを撒き散らした場合、禁固7年および罰金15000ドルの刑に処されることになった。さらに、ウイルス散布によって生じた全ての損害に対し、損害賠償金の支払いも命じられる。

 州議会下院上院を全会一致で通過した同法案は、サービス使用不能(DoS)攻撃を含むハッキング行為そしてコンピュータ・ウイルスの意図的な散布に法律の規定を適用させるものだ。コンピュータの不正使用に関する既存の法律では、ウイルス投稿を違法行為と規定していなかった。

 Jane Earll上院議員の立法顧問であり同法案の起草者でもある
Carmine Camillo氏によると、同法案は昨年(1999年)起草され、その年の秋に議会に提出された。コンピュータやシステムにアクセスし被害をもたらした場合、第三級の重罪となり禁固刑7年および15,000ドルの罰金。コンピュータ、システムもしくはネットワークを妨害したり、またシステムのパスワードや他の機密情報を漏洩した場合は、第一級の軽罪となり、最高で禁固5年、罰金10,000ドルを科せられる。

 法案は7月末に施行される。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×