性犯罪者登録簿をインターネット上に公開(ニューヨーク州) | ScanNetSecurity
2020.10.25(日)

性犯罪者登録簿をインターネット上に公開(ニューヨーク州)

 ニューヨーク州政府は、危険度の高い性犯罪者の名前、写真、住所などの情報をインターネット上に公開した。性犯罪者登録簿は名前、郵便番号、郡で検索できるようになっている。

国際 海外情報
 ニューヨーク州政府は、危険度の高い性犯罪者の名前、写真、住所などの情報をインターネット上に公開した。性犯罪者登録簿は名前、郵便番号、郡で検索できるようになっている。

 また、性犯罪者の高機密情報を入手したい場合は、電話による情報ラインを使用することが出来、その際の通話料金は1回につき50セントに引き下げられた。危険度の低い性犯罪者に関する情報も電話で入手できる。しかし、犯罪手口の類の情報はその性質上、内容が過激であること、そして子供が安易にアクセスする可能性があることから除外されている。しかし、地元の警察署で入手可能だ。

 性犯罪者の危険度レベルにより、入手できる情報量は決められている。危険度の低い性犯罪者の情報は制限されているが、危険度が高くなると情報量は増え、裁判所もしくは仮釈放監察委員会により科せられた特別条件なども公開される。

 現在、20州が性犯罪者登録簿のオンライン公開を実施している。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×