Gateway社とAOL社の共同開発デバイスにTransmeta社のチップを採用 | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

Gateway社とAOL社の共同開発デバイスにTransmeta社のチップを採用

 謎に包まれていた新興企業Transmeta社は5月30日、同社のチップと基本ソフト(OS)が米Gateway社と米AOL社が共同で開発を進めているインターネット端末に採用されることを発表した。

国際 海外情報
 謎に包まれていた新興企業Transmeta社は5月30日、同社のチップと基本ソフト(OS)が米Gateway社と米AOL社が共同で開発を進めているインターネット端末に採用されることを発表した。

 米Sun Microsysytems社の元ハードウェア設計技師で現在はTransmeta社CEO(最高経営責任者)であるDavid Ditzel氏は1月にCrusoeチップを発表し、携帯型ウェブパッドなどのインターネット端末やモバイルPCをターゲットにしていると語った。アナリストは、チップ業界大手Intel社のPentiumチップと比較して、Crusoeの方がコストパフォーマンスや低消費電力の面で優れていると評価している。

 米Gateway社と米AOL社によるインターネット端末は、この秋にはGateway社の260店ほどある小売店と同社のオンライン・ショップそしてAOL社により販売される予定だ。関係筋は、これによりMicrosoft社とIntel社による寡占の崩壊、つまり“Wintel”離れが加速するだろうと見ている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×