Gateway社とAOL社の共同開発デバイスにTransmeta社のチップを採用 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

Gateway社とAOL社の共同開発デバイスにTransmeta社のチップを採用

 謎に包まれていた新興企業Transmeta社は5月30日、同社のチップと基本ソフト(OS)が米Gateway社と米AOL社が共同で開発を進めているインターネット端末に採用されることを発表した。

国際 海外情報
 謎に包まれていた新興企業Transmeta社は5月30日、同社のチップと基本ソフト(OS)が米Gateway社と米AOL社が共同で開発を進めているインターネット端末に採用されることを発表した。

 米Sun Microsysytems社の元ハードウェア設計技師で現在はTransmeta社CEO(最高経営責任者)であるDavid Ditzel氏は1月にCrusoeチップを発表し、携帯型ウェブパッドなどのインターネット端末やモバイルPCをターゲットにしていると語った。アナリストは、チップ業界大手Intel社のPentiumチップと比較して、Crusoeの方がコストパフォーマンスや低消費電力の面で優れていると評価している。

 米Gateway社と米AOL社によるインターネット端末は、この秋にはGateway社の260店ほどある小売店と同社のオンライン・ショップそしてAOL社により販売される予定だ。関係筋は、これによりMicrosoft社とIntel社による寡占の崩壊、つまり“Wintel”離れが加速するだろうと見ている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×