WAP対応のセキュリティ・ソリューションを開発(Cylink社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

WAP対応のセキュリティ・ソリューションを開発(Cylink社)

国際 海外情報

 先週(5月最終週)米国のコンピュータ・セキュリティ会社Cylink社は、従来のWAP(Wireless Application Protocol)技術にあるセキュリティの抜け穴をふさぐソリューションを開発していると発表した。それはネットワークの両端のノードにセキュリティを施すもので、その技術によりWAPに対する顧客の信頼は増し、ワイヤレス技術は急速に採用されるだろうと予測している。

 WAP技術が採用されている携帯電話とサーバ間の通信は、Wireless Transport Layer Security(WTLS)と呼ばれる暗号化技術で保護されている。そしてインターネット上でのデータ通信は通常、暗号通信用プロトコルであるSecure Socket Layer(SSL)で保護されている。しかし、WTLSからSSLに伝送される時、データは復号化されてしまうのだ。以前よりセキュリティ専門家らは、そのWAPのアキレス腱とも言うべき弱点を指摘し懸念してきた。

 同社は、開発中であるWAP対応暗号化ソリューションを9月までには製品化すると発表した。また同社の会長兼CEO(最高経営責任者)Cylink Crowell氏は、WAPの信頼性は今や、大きく揺らいでいると指摘し「WAP準拠のセキュリティ機能が搭載されていない新型WAP携帯電話が市場に出回る頃、セキュリティ関連の問題が表面化してくるだろう」と警告した。

 アナリスト・グループは、ここ数年で移動型インターネット接続は爆発的に増えるだろうと述べ、またIT関連の調査会社Gartner Group社は、2005年までに携帯デバイスの95%にWAP技術が採用されるだろうと予測している。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  2. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  3. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  4. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  5. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×