Microsoft Exchange Server用ウイルス対策ソフトの新バージョンを発売(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

Microsoft Exchange Server用ウイルス対策ソフトの新バージョンを発売(シマンテック)

 株式会社シマンテックは6月7日、Microsoft Exchange Server用ウイルス対策ソフトの新バージョン「Norton AntiVirus 2.0 for Microsoft Exchange」を本年7月3日より受注開始すると発表した。  同ソフトはMS Exchangeサーバのトラフィックをリアルタイムで監視し、ウイ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは6月7日、Microsoft Exchange Server用ウイルス対策ソフトの新バージョン「Norton AntiVirus 2.0 for Microsoft Exchange」を本年7月3日より受注開始すると発表した。
 同ソフトはMS Exchangeサーバのトラフィックをリアルタイムで監視し、ウイルスを検知・駆除するとともに、感染したファイルの修復を行うソフト。今回発売される新バージョンでは、WindowsNTクラスタサーバ、Windows2000への対応を図り、大規模なエンタープライズ環境で運用されているExchangeシステムのサポートを可能としている。
 同製品は今回よりライセンス単価制を導入。25-99ライセンスで初年度価格は単価5,200円。

http://www.symantec.com/region/jp/trial/trial.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×