国民の個人情報を収集し、膨大なベータベースを構築(カナダ政府) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

国民の個人情報を収集し、膨大なベータベースを構築(カナダ政府)

国際 海外情報

 カナダ政府が秘密裏に国民の収入、職業、教育などを含む膨大な個人情報のデータベースを構築している、と行政監察局であるプライバシー・コミッショナーのBruce Phillips局長が5月16日、議会に提出する年次報告書で明らかにした。問題のデータベースは、カナダ人材開発(HRCD)局で管理されている“長期的労働力ファイル”と称するもので、3370万人の詳細なデータが記載されている。
 Phillips局長によると、そのファイルは15年前、政府の雇用保険制度の有効性を検証するため雇用移民局により作成された。個人情報は、主に政府機関の他のデータバンク(例えば所得申告、児童手当給付、福祉給付に関するデータや雇用保険データ)から収集されているという。
 「プライバシー・コミッショナーの歴代の局長は国民に対し、政府機関による個人情報ファイルはないと断言してきたが、間違っていたようだ。確かに、様々な政策の改善に個人情報のデータベースは有益かもしれないが、そこには深刻な問題が潜んでいる」とPhillips局長は語った。
 これを受けてHRDCの評価・データ開発部門の責任者Bob Wilson氏は
「Phillips局長の懸念を深刻に受けとめており、プライバシー問題にも関心を払っている。しかしデータベースは、国民のニーズに合った政策を立案する上で非常に重要である」と述べた。
 さらに同氏は、データベースの個人情報はマスクされており極一部のHRDC職員以外は個人を特定できないようになっているが、時としてマスクされたデータが研究および分析の目的で民間企業に渡ることもあると説明した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×