LOVEウイルス、家庭よりも職場での被害甚大(Angus Reid Group社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

LOVEウイルス、家庭よりも職場での被害甚大(Angus Reid Group社)

国際 海外情報

 米国の調査会社、Angus Reid Group社が先週(5月第1週)発生したコンピュータ・ウイルス“I Love You”の被害状況に関し1000人の米国人を対象に調査を行った。回答者のうち家庭からインターネットに接続しているのは535人で、職場からインターネットに接続しているのは487人だった。調査の結果、主に被害を受けたのは一般家庭のインターネット・ユーザではなく企業であることが判明した。現在(5月10日)までに、およそ25億ドルから50億ドルの損失が発生したと推測され、一部の専門家は今後も被害は拡大し、損失額は100億ドルに達すると見ている。

 職場からインターネットにアクセスするユーザの約26%がLOVEウイルス感染の被害に遭ったと報告し、そのうち47%は感染が原因でコンピュータ・システムに何らかの不具合が生じたと回答した。他方、家庭からインターネットに接続しているユーザでLOVEウイルスの被害に遭ったと回答したのは、わずか3%に過ぎなかった。これは職場での電子メールの使用頻度が家庭よりもはるかに高いことに起因する、同調査会社は説明した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×