米Microsoftなど3社がソフトの不正コピーで東京リーガルマインドを提訴(BSA) | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

米Microsoftなど3社がソフトの不正コピーで東京リーガルマインドを提訴(BSA)

 コンピュータソフトの著作権保護を目的とした非営利団体Business Software Alliance(BSA)は、米Apple Computer社、米Adobe Systems社、米Microsoft社の3社が、同社ソフトの不正コピーが行われ著作権を侵害されたとして、法律専門学校の「東京リーガルマインド(LEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向
 コンピュータソフトの著作権保護を目的とした非営利団体Business Software Alliance(BSA)は、米Apple Computer社、米Adobe Systems社、米Microsoft社の3社が、同社ソフトの不正コピーが行われ著作権を侵害されたとして、法律専門学校の「東京リーガルマインド(LEC)」に損害賠償を求める民事訴訟を起こしたことを発表した。3社が提示した損害賠償額は約1億1,400万円で被害額のほぼ倍。今回の件は98年に内部情報提供者の告発により発覚したもので、その後、和解交渉が行われたが、損害賠償に関する話し合いがまとまらず、3社は民事訴訟へと踏み切ったという。

BSA(この件については未掲載)
http://www.bsa.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×