米Yahoo、消費者情報の取扱いについて調査を受ける(連邦取引委員会) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

米Yahoo、消費者情報の取扱いについて調査を受ける(連邦取引委員会)

 米Yahooが3月30日、米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によると、同社は消費者情報の取扱いについて連邦取引委員会(FTC)の調査を受けた。FTCの調査目的は消費者保護法を遵守しているか否かを調べるためという。米Yahooはその報告書の中で、顧客データの使用お

国際 海外情報
 米Yahooが3月30日、米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によると、同社は消費者情報の取扱いについて連邦取引委員会(FTC)の調査を受けた。FTCの調査目的は消費者保護法を遵守しているか否かを調べるためという。米Yahooはその報告書の中で、顧客データの使用および開示に関するプライバシー方針はサイト上に掲示しているとし、昨年(1999年)1月に米Yahooが買収したコミュニティ・サイト運営会社GeoCitiesについてはユーザからの情報収集に規制を課すFTC同意命令に従うよう指示されたと述べている。
 米Yahooの広報担当は「我が社はFTCの調査に応じ自発的に情報を提供した。プライバシー問題に関しては、慎重に取り組んでいる」と語った。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×