米Yahoo、消費者情報の取扱いについて調査を受ける(連邦取引委員会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

米Yahoo、消費者情報の取扱いについて調査を受ける(連邦取引委員会)

国際 海外情報

 米Yahooが3月30日、米証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によると、同社は消費者情報の取扱いについて連邦取引委員会(FTC)の調査を受けた。FTCの調査目的は消費者保護法を遵守しているか否かを調べるためという。米Yahooはその報告書の中で、顧客データの使用および開示に関するプライバシー方針はサイト上に掲示しているとし、昨年(1999年)1月に米Yahooが買収したコミュニティ・サイト運営会社GeoCitiesについてはユーザからの情報収集に規制を課すFTC同意命令に従うよう指示されたと述べている。
 米Yahooの広報担当は「我が社はFTCの調査に応じ自発的に情報を提供した。プライバシー問題に関しては、慎重に取り組んでいる」と語った。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×