オンライン監視計画に非難の声が高まる(米証券取引委員会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.27(月)

オンライン監視計画に非難の声が高まる(米証券取引委員会)

国際 海外情報

 米証券取引委員会(SEC)は現在、オンライン詐欺対策の一環としてインターネット行為を監視する計画を進めている。それは、“一攫千金”といった40あまりの言葉を自動的にコピーしてデータベース化しSEC調査員が分析するものだ。それに対しBob Barr下院議員(共和党、ジョージア州選出)とプライバシー擁護派が非難を表明した。

 Barr下院議員はSECのArthur Levitt委員長に宛てた手紙の中で、法律的見地から鑑みてSECの監視システムは疑わしい点があり計画を再考すべきだと勧告し、さらに自動化された監視システムの導入により職権の濫用が懸念されると述べた。
 SECのインターネット行為監視計画は、業界の反発も招いている。
America Online社は電子掲示板やチャットルームなどの会話を無差別に監視することに反対を表明した。同様に大手コンサルティング会社のPriceWaterhouseCoopersの広報担当も、この監視システムは全べてのウェブユーザに盗聴器をしかけるようなものだと非難した。

 他方、SECの広報担当Chris Ullman氏は、SECの新システムはこれまで手作業で行っていたことを機械化するに過ぎないとAP通信に語った。SECは先月(2月)、調査員教育などにあてる1億5000万ドルを2001年度予算に盛り込むことを議会に要求した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

    勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

  2. Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

    Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

  3. 中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

    中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

  4. トランプの非アメリカ人のプライバシー権否定の大統領令、大手ネット企業の海外取引への影響(The Register)

  5. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. トランプ氏の大統領令で混乱生じるさなか、EU・米国間のデータ保護法発効(The Register)

  8. 沈みゆく船から撤退せよ、史上初SHA-1ハッシュ衝突の成功と今後の排除の流れ(The Register)

  9. 書評「Dark Territory」(3) USCYBERCOM 設立前後 (90年代後半~2000年代初頭)

  10. 米海兵隊、サイバー戦争に向け兵士 3,000 名増員(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×