レーザー光線で情報を刻み込むハイセキュリティカード発行システムを発売(日本データカード) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

レーザー光線で情報を刻み込むハイセキュリティカード発行システムを発売(日本データカード)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本データカード株式会社は、レーザー光線を照射してモノクロの写真、署名、バーコード、ロゴ、テキスト、極小文字をカード内部に刻み込むことで、改ざんが不可能なセキュリティカードを発行できるシステム「LasrGrafix」を発売する。このシステムは、コア層とそれを表裏から被膜する透明の保護層との間に特殊なレーザー受像層を挟んだ特殊カードを使用するもので、英数字40文字で1時間1200枚、モノクロ写真なら60枚から250枚の処理ができる。また、従来の磁気カード書込み、ICカード書込み、カラーフォトプリント、グラ
フィックプリント、エンボスなどのパーソナライズと一緒に1枚のカードにワンパス処理もできる。システム価格は約6000万円。

http://www.datacard.co.jp/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×