サイバー犯罪サイトを開設(米司法省) | ScanNetSecurity
2020.11.30(月)

サイバー犯罪サイトを開設(米司法省)

 米司法省はサイバー犯罪を定義づけ、コンピュータ犯罪の通報方法、インターネットのプライバシー保護をめぐる司法省の最新見解などを盛り込んだコンピュータ犯罪ウェブサイトを開設した。  同サイトは、司法省のコンピュータ犯罪局、知的所有権局そしてFBIが開発した

国際 海外情報
 米司法省はサイバー犯罪を定義づけ、コンピュータ犯罪の通報方法、インターネットのプライバシー保護をめぐる司法省の最新見解などを盛り込んだコンピュータ犯罪ウェブサイトを開設した。
 同サイトは、司法省のコンピュータ犯罪局、知的所有権局そしてFBIが開発した。同省がインターネット取締に関する法案を作成する際は業界団体、プライバシー擁護団体などから意見を集める予定だ。
 「サイバー犯罪サイトは、子供から親、学校の教師、弁護士、警官、メディアまで幅広く利用できる情報を提供する」とJames K.Robinson検事総長補佐が述べた。 
 同サイトは、コンピュータ犯罪および児童ポルノに対する国際的取り組み、暗号に関するFAQ、コンピュータの使用により簡易化された犯罪を含む12のセクションにより構成されている。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×