“Melting”ウイルスの警告を発する(Kaspersky社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.24(火)

“Melting”ウイルスの警告を発する(Kaspersky社)

国際 海外情報

 ロシアのITセキュリティ会社Kaspersky社がI-Worm.meltingという名の新種ワームについて警告を発した。
 その名が示す通り、ワームはコンピュータ・スクリーン画像を“溶かす(melt)”スクリーン・セーバを装いユーザのマシンを停止させる。同社によると、東ヨーロッパで相当数、ワームによる被害が報告されている。
 I-Worm.meltingはワーム型ウイルスで、ワーム自体はVisualBasicで書かれた約18キロバイトのWin32実行ファイルだ。そして“MeltingScreen.exe”が添付された電子メールを介して繁殖する。
 電子メール・メッセージの件名は“ファンタスティック・スクリーンセーバ”で、本文には以下のような内容が書かれてある。
『こんにちは!添付されているファイルは、とても面白い最新のスクリーンセーバです。名前はMeltingScreen。是非、お試しになり感想をお聞かせ下さい。
追伸、スクリーンセーバを起動する前にVB5.0対応のRuntime Libraryをインストールして下さい。』

 ワームはWindowsディレクトリにある全てのEXEファイルを.BINにリネームする。さらにワームにはバグがあり、バグが作動すると感染したコンピュータの機能が停止する。Kaspersky社は、このワーム型ウイルスの感染を防ぐにはファイルが添付された電子メールを受信しても添付ファイルを実行しないよう警告している。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×