Windows Mediaのサービスハンドシェイク問題に対応した日本語プログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

Windows Mediaのサービスハンドシェイク問題に対応した日本語プログラムをリリース(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は、Windows Mediaサービスハンドシェイクの順序不良に起因するセキュリティ問題を修正する日本語版プログラムをリリースした。この問題は、ストリーミングを行なうMedia Serverに対して、サービス拒否アタックが可能になる恐れがあるというもの

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は、Windows Mediaサービスハンドシェイクの順序不良に起因するセキュリティ問題を修正する日本語版プログラムをリリースした。この問題は、ストリーミングを行なうMedia Serverに対して、サービス拒否アタックが可能になる恐れがあるというもの。対応が必要なのは、Windows Media Services 4.0、4.1。

http://www.microsoft.com/japan/security/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×