FBI、ハッカー被害に遭う | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.04.30(日)

FBI、ハッカー被害に遭う

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)、米マイクロソフト社、National Discount Brokers
Groupを狙った新たなハッカー攻撃が始まった。
$$$$ AP通信社が報じたところによると、2月18日攻撃者がFBIのサイトに偽のアク
セス要求を大量に送りつけたため、数時間にわたり機能停止に陥ったことを
FBIが2月25日に認めた。ICSA.netの研究技師Jon McCown氏は、「今回の攻撃は
“ほとんど誰もが標的になり得る”という確固たる証拠だ」と述べた。現在の
ところ、この攻撃は自分たちがやったと名乗り出た者はいない。同氏は「私が
犯人だったら、FBIサイトを閉鎖に追い込んだのは自分たちだと自慢したいと
は思わない。攻撃者らはこの攻撃を止め、今は次の標的を探している」と付け
加えた。
 FBI広報担当者のDeborah Weierman氏によると、今回の攻撃でFBIサイトは閉
鎖したが、コンピュータへの侵入は免れた。被害に遭ったサイトはFBI内部シ
ステムとは繋がっておらず、「現在は、何ら問題はありません」と述べた。 
関連ニュースとして、FBIサイトがダウンした数日後、National Discount
Brokers(NDB)の株売買ウェブサイトがサービス使用不能攻撃に遭った。ロイ
ター通信社によると、2月24日NDBサイトは二つのインターネット・アドレスか
ら大量のアクセス要求を送りつけられ、1時間以上にわたり機能が停止した。
さらにマイクロソフト社は2月22日、同社の公式ホームページが同様の攻撃を
受けたが阻止したと発表した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. CIA謹製ツール、マルウェア難読化や出所を中国に偽装する機能(The Register)

    CIA謹製ツール、マルウェア難読化や出所を中国に偽装する機能(The Register)

  2. 「Mirai」の亜種は強力なアプリケーションレイヤの攻撃が可能(The Register)

    「Mirai」の亜種は強力なアプリケーションレイヤの攻撃が可能(The Register)

  3. ISP が最高額入札者にユーザー履歴販売、米議会採決(The Register)

    ISP が最高額入札者にユーザー履歴販売、米議会採決(The Register)

  4. 貴国に割り当てる IP アドレスは無い ~ 市民のネットを遮断する反民主的政府への懲罰措置案(The Register)

  5. 専門家の批判を呼んだ eBay のログイン方法変更 ~ SMS による二要素認証(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. W3C による DRM の Web 標準化が完了間近(The Register)

  9. 沈みゆく船から撤退せよ、史上初SHA-1ハッシュ衝突の成功と今後の排除の流れ(The Register)

  10. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×