FBI、ハッカー被害に遭う | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.24(火)

FBI、ハッカー被害に遭う

国際 海外情報

 米連邦捜査局(FBI)、米マイクロソフト社、National Discount Brokers
Groupを狙った新たなハッカー攻撃が始まった。
$$$$ AP通信社が報じたところによると、2月18日攻撃者がFBIのサイトに偽のアク
セス要求を大量に送りつけたため、数時間にわたり機能停止に陥ったことを
FBIが2月25日に認めた。ICSA.netの研究技師Jon McCown氏は、「今回の攻撃は
“ほとんど誰もが標的になり得る”という確固たる証拠だ」と述べた。現在の
ところ、この攻撃は自分たちがやったと名乗り出た者はいない。同氏は「私が
犯人だったら、FBIサイトを閉鎖に追い込んだのは自分たちだと自慢したいと
は思わない。攻撃者らはこの攻撃を止め、今は次の標的を探している」と付け
加えた。
 FBI広報担当者のDeborah Weierman氏によると、今回の攻撃でFBIサイトは閉
鎖したが、コンピュータへの侵入は免れた。被害に遭ったサイトはFBI内部シ
ステムとは繋がっておらず、「現在は、何ら問題はありません」と述べた。 
関連ニュースとして、FBIサイトがダウンした数日後、National Discount
Brokers(NDB)の株売買ウェブサイトがサービス使用不能攻撃に遭った。ロイ
ター通信社によると、2月24日NDBサイトは二つのインターネット・アドレスか
ら大量のアクセス要求を送りつけられ、1時間以上にわたり機能が停止した。
さらにマイクロソフト社は2月22日、同社の公式ホームページが同様の攻撃を
受けたが阻止したと発表した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×