暗号化プログラムの公開を許可(米政府) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.06.27(火)

暗号化プログラムの公開を許可(米政府)

国際 海外情報

 米政府は、コンピュータ科学者が暗号化プログラム作成のための解説書を自
身のウェブサイトに公開することに許可を与える見通しだ。これはクリントン
大統領が制定した暗号化技術に関する新規制緩和法の賜である。
 1999年5月、第9巡回裁判所の3人の判事団は、イリノイ大学のDaniel
Bernstein教授が自身のプログラム“Snuffle”をインターネットに公開するの
を禁じた旧暗号化技術輸出規制法は、言論の自由に抵触していると判決を下し
た。
 しかし1月に発表されたクリントン大統領の暗号化技術輸出規制に関する新
方針を受け、大法廷は5月に下した判決の再考を判事団に要請した。先週(2月
第3週)米商務省(DoC)は、暗号化技術輸出の新方針ではBernstein教授が自身
のソースコードの解説書をネット上に公開することは許可されると進言する書
簡を送った。
 DoCはBernstein教授の弁護士に宛てた返信で「一般に入手可能なソースコー
ドのライセンス認可および検閲義務の規定が変わったため、新方針は教授が
ソースコードの解説書をネット上で公開することに干渉はしない」と述べた。
 またDoCは、Bernstein教授のコードを掲載したウェブサイトに対し暗号化技
術輸出規則に関する責任を負う必要のないことも明確にした。さらに、イン
ターネット上で暗号化ソースコードを公開しているBernstein教授や専門家等
がコードを更新する度またはバグの修正を公開する度、政府に対し通知の義務
がないことを明らかにした。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

    Nレポート 第1回「北朝鮮のサイバー攻撃の調査・分析の一端」

  2. 中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

    中国サイバーセキュリティ法発効 ~ 非中国系企業に事業リスク(The Register)

  3. ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

    ハッキングで得た情報で株不正取引の中国人に罰金 9 億円、複数の法律事務所を標的にした攻撃手法(The Register)

  4. ロシア サイバー攻撃外交 ~ ヒラリーとマクロンのファイルしか流出させなかったプーチンの意図(The Register)

  5. GDPR 施行控えセキュリティ人材が超売手市場、英では給与 1.4 倍に(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. NSAの兵器から生まれたランサムウェアが世界で蔓延、MSが緊急パッチ配布 ~ 対策方法まとめ:ポート番号からサンプルまで(The Register)

  8. ヨーロッパ情報漏えい罰金額相場とEU一般データ保護規則施行が生むビジネスチャンス(The Register)

  9. テスラの死亡事故、ドライバーは37分間のうち36分35秒間手放し運転…米当局報告

  10. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×