SYNフラッド攻撃を阻止(マイクロソフト社) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

SYNフラッド攻撃を阻止(マイクロソフト社)

 マイクロソフト社は2月22日朝、同社の公式ウェブサイトがSYNフラッド攻撃 を受けたが被害はほとんどなかったと発表した。  同社の広報担当Adam Sohn氏は、最近インターネット・ウェブサイトへの攻 撃が相次ぐ中、弊社サイトは閉鎖には至らず短時間のスローダウンだけ

国際 海外情報
 マイクロソフト社は2月22日朝、同社の公式ウェブサイトがSYNフラッド攻撃
を受けたが被害はほとんどなかったと発表した。
 同社の広報担当Adam Sohn氏は、最近インターネット・ウェブサイトへの攻
撃が相次ぐ中、弊社サイトは閉鎖には至らず短時間のスローダウンだけに留ま
ったと述べた。
 同社の巨大サイトが被害をほぼ免れた要因として、多数のサイト訪問者に対
処し得るその処理能力の大きさが上げられる。訪問者はソフトウェアのアップ
グレード版や評価製品をダウンロードするため頻繁にサイトにアクセスする、
と同氏は説明し「弊社の公式サイトは相当量のオーバーヘッドを備えており、
何テラバイトものダウンロードにも対応できる」と述べた。
 同社の技術者は攻撃の起点となっているインターネット・アドレスをすぐに
突き止め、攻撃者からのアクセスを遮断した。
 さらに同氏は、2月22日朝攻撃を受けた際、同社の最新基本ソフトWindows
2000は堅牢な防御壁として機能したと述べ、「Windows 2000に組み込まれたセ
キュリティ機能は、今回の攻撃阻止に大いに役だった」と付け加えた。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×