ウォールストリート・ジャーナルによる「株主への利益還元が大きい企業」調査で、ソフトウェア企業で第2位にランクイン(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

ウォールストリート・ジャーナルによる「株主への利益還元が大きい企業」調査で、ソフトウェア企業で第2位にランクイン(米RSA Security)

 米RSA Security社は、米誌ウォールストリート・ジャーナルの調査による「過去5年間で最も大きな株価値と還元利益を株主にもたらした企業」ランキングにおいて、ソフトウェア企業として第2位になったと発表した。これは同誌が年1回実施するスペシャル・レポート「シェア

国際 海外情報
 米RSA Security社は、米誌ウォールストリート・ジャーナルの調査による「過去5年間で最も大きな株価値と還元利益を株主にもたらした企業」ランキングにおいて、ソフトウェア企業として第2位になったと発表した。これは同誌が年1回実施するスペシャル・レポート「シェアホルダーズ・スコアボード(株主の得点表)」で、全米76市場の1,000企業について株主への総還元率を調査し企業をランク付けしているもの。同社の過去5年間の平均還元率は75.5%となり、ソフトウェア企業としては第2位にランクした。ちなみに第1位はVeritas Software社、3位以下はMercury Interactive社、 Microsoft社、Rational Software社。

http://www.rsasecurity.co.jp/japan/news/data/200002261.html

<<本記事はセキュリティ・ニュースより転載です>>

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×