ネットワーク不正侵入検知システム「BlackICE Defender」を発売(株式会社東陽テクニカ) | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

ネットワーク不正侵入検知システム「BlackICE Defender」を発売(株式会社東陽テクニカ)

 株式会社東陽テクニカは、ハッキング/クラッキング行為を検出するSOHO・個人ユーザー向けネットワーク不正侵入検知システム「BlackICE Defender」を発売した。同システムは昨年8月に発表した企業向け不正侵入防衛システム「ICEpac」の個人向けで、不正侵入者を検出する

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社東陽テクニカは、ハッキング/クラッキング行為を検出するSOHO・個人ユーザー向けネットワーク不正侵入検知システム「BlackICE Defender」を発売した。同システムは昨年8月に発表した企業向け不正侵入防衛システム「ICEpac」の個人向けで、不正侵入者を検出すると、その時点で解決できる最大限のノード情報を取得すると共に、取得したノードをフィルタリングして、侵入者をブロックするファイアウォールとして動作する。2月現在、検出できるパターンは581種類。最新パターンは、同社Webサイトから自由にダウンロードすることが可能。現在サイトで体験版を公開中。

製品紹介
http://www.toyo.co.jp/newprod.html#HP-blackice
体験版ダウンロードページ
http://www.toyo.co.jp/security/dfndrt_ap.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×