電子スパイ・システム「エシュロン」によるスパイ容疑で英国と米国を提訴(フランス) | ScanNetSecurity
2022.01.18(火)

電子スパイ・システム「エシュロン」によるスパイ容疑で英国と米国を提訴(フランス)

 情報筋によると、フランスの弁護士は世界的監視ネットワークによるスパイ容疑で英国と米国を提訴する意向だ。  最近、機密指定を解かれた米国家安全保障局(NSA)の文書が公開され、コードネーム『P-415 エシュロン』の存在が明かとなった。エシュロンは世界規模の電子

国際 海外情報
 情報筋によると、フランスの弁護士は世界的監視ネットワークによるスパイ容疑で英国と米国を提訴する意向だ。
 最近、機密指定を解かれた米国家安全保障局(NSA)の文書が公開され、コードネーム『P-415 エシュロン』の存在が明かとなった。エシュロンは世界規模の電子スパイ・システムで、電話の会話、ファックス、電子メールを傍受する。
 英国、米国、豪州、ニュージーランド、カナダ各国の諜報機関がUKUSA同盟を結成し、エシュロンは1980年代にその一環として設立された。通信傍受装置は英国ヨークシアのMenwith Hill基地内に設置されている。
 過去にUKUSA同盟のメンバーでエシュロンの存在を公に認めた者はいなかったが、この2月にジョージワシントン大学がエシュロンに関する文書をネット上で公開し、その存在や民間衛星通信を傍受する能力が明かとなった。
 パリ在住の弁護士Jean-Pierre Millet氏によると、エシュロンはあらゆる携帯電話、衛生電話の傍受が可能だが、キーワードを含む会話のみ解読する。「フランス政府の大臣が携帯電話をかける度に、録音されているのは確かだ」と同弁護士は述べ、エシュロンのシステムはフランスのプライバシー法に抵触するとして「フランスでは、通信傍受を目的とした行為は違法だ。しかも、その傍受された情報が利用されている」とフランスの市民権擁護団体の代理人Millet弁護士は提訴する意向を表明した。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×