ハッカー・ハンター、ドイツに手掛かり(CNN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

ハッカー・ハンター、ドイツに手掛かり(CNN)

国際 海外情報

 複数のトップ・ウェブ・サイトに対して電子攻撃を仕掛けたハッカーを追跡中のサイバー・ディテクティブ(電脳探偵)は、ドイツへの手掛かりを追い始めました。これは、「Stacheldraht(Barbed Wire:有刺鉄線)」と呼ばれるプログラムがアタックの実行に用いられ、誰もがそのドイツ語名を使ったプログラムを走らせていると、Die Welt紙が報じたことによって明らかになったもの。

Department of Justice(DOJ:米司法省)が1998年2月、Federal Bureau
ofInvestigation(FBI:米連邦捜査局)本部内に設置したNational
InfrastructureProtection Center(NIPC:米基幹施設保護センター)は、2000年2月8日のアタックに関与したインターネット・バンダル(インターネットという公共物を汚損する人)が、ドイツのどこかをベースにしていた可能性というひとつのセオリーに取り組み中。また、米国のBill Clinton大統領は2000年2月11日、インターネット・セキュリティーに関する政府首脳と関係業界の代表者によるサミットを2000年2月15日に開くと発表しています。

 この情報とは別に、カリフォルニア州モンテレー近郊に位置するStanfordUniversity(スタンフォード大学)のコンピューター・セキュリティー学部長を務めるStephen Hansen氏は、同校によってオペレートされているリモート・マリン・リサーチ・キャンパスのコンピューターが、インターネットの最も利用度が高い複数サイトのハッカー・アタックをヘルプする中継地点して、2000年2月8日に利用されていたことを明らかにしました。

 同氏によると、eBay.com、CNN.com、Amazon.com、Buy.com、Yahoo!を含むウェブ・サイトに対するDenial of Service(DoS:サービス拒否)アタックの経路決定をヘルプするために、同校のコンピューター約50台が利用され、このようなコンピューターは、一部で「ゾンビ」コンピューターと呼ばれています。

 DoSアタックにおいて、ゾンビ・コンピューターはハイ・キャパシティー・コンピューターに対してコマンドを送信。影響を受けたウェブ・サイトは何百万というメッセージであふれ、ユーザーが本来望んでいるアクセスをブロッキング。ウェブ・サイトはそれほど多くのリクエストに対処することができず、膨大なパケットであふれることになります。

 ある情報筋はCNNに対し、Yahoo!が毎秒1ギガバイトのリクエストによって叩きのめされたと語っており、この数字は会社1社の電話へ対し、1億400万人の人々が同時に電話をかけたトラフィックに相当します。

 同校における問題はすでに解消されており、Hansen氏は、「我々はそこへ数分以内のうちに1人のネットワーク・エンジニアを連れて行った。彼は機器構成の中に入り『オーケー、それを止めた、これ以上彼らがそれをすることを許さない』と述べ、それ以降、こういったパケットは常に無視されるようになった。私は我々が即座に発見し手っ取り早く対処できたことをうれしく思う」と述べています。

http://www.cnn.com/2000/TECH/computing/02/13/hacker.trail.01/

・DoS攻撃の波、E*TradeとZDNetが最新の標的に
http://www.webcatch.com/aiichiro/technology/20000210.04.html
・FBI、電脳攻撃の住みかとして大学とビジネスをフォーカス
http://www.webcatch.com/aiichiro/technology/20000211.01.html
・FBIのハッキング調査、カリフォルニアとオレゴンの2州が照準に
http://www.webcatch.com/aiichiro/technology/20000212.05.html

(この記事は、日刊!インターネット情報誌 WebCatch誌 からの転載です)

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×