クラッカー、クレジットカード情報を盗みセキュリティ不備に警鐘を鳴らす | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.03.25(土)

クラッカー、クレジットカード情報を盗みセキュリティ不備に警鐘を鳴らす

国際 海外情報

 1月31日の夜、クラッカーが某オンラインサイトの販売データベースから
5000以上のクレジットカード番号を盗み、そこから約1000人分のクレジットカード番号を自身の個人サイトに掲載した。
 そのクラッカーのサイトはXoom.comにより運営されている。
 InternetNews.comによると、2月1日の午前中インターネット・サービス・プロバイダであるXoom.comは掲載されたカード情報が盗まれたものであるという通報を受け、サイトからそれらの情報を削除した。しかし同日の午後、クラッカーはGeoCitiesに再び現れ、そこで投稿したクレジットカード番号はマイクロソフト社のBill Gates会長のものであると主張した。

 このクラッカーは似たような悪ふざけ事件を他にも起こしており、足跡を辿っていくと1月上旬にさかのぼる。CDUniverseに侵入し同社から金をゆすり取ろうとした事件だ。しかしクラッカーは、その動機について単に教育的なものだとするメッセージを自身のXoomのサイトに掲載した。“いつの日か、人々は商売を始める前に自分たちのサイトを正しく開設するようになるだろう。でなければ、私はネットへの投稿に終止符を打つことができない。”
 またクラッカーはもう一つのメッセージで、マイクロソフト社のリレーショナル・データベースSQLサーバの脆弱性を利用したことを仄めかした。しかしNTBugtraqメーリングリストを運営しているRuss Cooper氏は、SQLサーバは標準インストールでいくつかのファイルを全世界のネット上において読み取り可とするけれども、SQLサーバが本質的に脆弱であるという点については否定した。さらに「殆どの商業ソフトウェア・パッケージは緩やかか、もしくは許可の設定なしにインストールするため簡単にそれらを動かし、そして使用不能にすることができる。しかし大抵の人は何もしない」と語った。

 Hacker News Networkは2月1日午前中にクラッカー侵入の通報を受けた。
Hacker Newsの運営者でありコンサルティング会社@Stakeのセキュリティ専門家でもあるSpace Rogue氏によると、セキュリティ専門家がデータをインターネットに接続されていない安全なサーバに移すよう繰り返し警告したにもかかわらず、被害に遭ったサイトは依然としてクレジットカード番号をウェブサーバ上に保管していた。「この件を常識では考えられないと思うかもしれないが、我々の元には一週間おきに攻撃を受けたとか脆弱性のある電子商取引サイトが通報される。一体いつになったらセキュリティに関して学ぶのか、私には見当もつかない」と同氏は述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

    中国の検閲システム「グレートファイアウォール」が未認可のVPNの規制強化(The Register)

  2. 勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

    勤務先の内部情報をダークWebに売る社員、闇のインサイダー取引サービス成長中(The Register)

  3. Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

    Google、イギリス国民保健サービスからのアクセスをボットのサイバー攻撃と勘違いし通信遮断(The Register)

  4. トランプの非アメリカ人のプライバシー権否定の大統領令、大手ネット企業の海外取引への影響(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. トランプ氏の大統領令で混乱生じるさなか、EU・米国間のデータ保護法発効(The Register)

  8. 沈みゆく船から撤退せよ、史上初SHA-1ハッシュ衝突の成功と今後の排除の流れ(The Register)

  9. 書評「Dark Territory」(3) USCYBERCOM 設立前後 (90年代後半~2000年代初頭)

  10. 米海兵隊、サイバー戦争に向け兵士 3,000 名増員(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×