相次ぐハッカー騒動で郵政省が、関連団体に注意をよびかける(郵政省) | ScanNetSecurity
2019.11.14(木)

相次ぐハッカー騒動で郵政省が、関連団体に注意をよびかける(郵政省)

 郵政省は、今般、中央省庁等のホームページを対象としたハッカー騒動が相次いでいることを深刻な問題と捉え、関連団体にセキュリティ対策を呼びかけている。同省は、関連団体の措置を支援するものとして、電気通信安全管理システムへの財政投融資制度を整備し、また、

製品・サービス・業界動向 業界動向
 郵政省は、今般、中央省庁等のホームページを対象としたハッカー騒動が相次いでいることを深刻な問題と捉え、関連団体にセキュリティ対策を呼びかけている。同省は、関連団体の措置を支援するものとして、電気通信安全管理システムへの財政投融資制度を整備し、また、4月から導入される予定となっている「不正アクセス対策促進税制」についても案内している。

 さらに、現在提供されているインターネットサービスの中には、匿名発信を許容するサービス、契約時の本人確認が行われないサービスも存在し、一定の有用性が認められるが、利用者が、このような契約時の本人確認が行われないサービスが存在することを十分認識せずにインターネットを利用した結果、「なりすまし犯罪」の被害者となってしまう場合もあると懸念しており、関連団体には、十分な広報、周知活動を徹底するよう呼びかけている。

また、「なりすまし犯罪」を誘発する不適切な内容のホームページが把握された場合には、社団法人テレコムサービス協会が策定した「インターネット接続サービス等に係わる事業者の対応に関するガイドライン」を参考にするなどして、削除などの適切な措置を講じるよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×