DNSSECは問題解決よりもトラブルメーカーの名がふさわしい? ~ セキュリティプロトコルがDDoS攻撃ベクターになると示唆する論文が登場(The Register)

2016年3月15日(火) 10時15分
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドメイン名システムのための複雑なセキュリティプロトコル、DNSSECが分散型サービス攻撃に利用できるという汚点が新たに指摘された。

アカマイのSecurity Bulletin(PDF)によれば、同社は「ドメイン名システムのセキュリティ拡張(DNNSEC)を構成するドメインに対して大規模なリフレクション攻撃および増幅攻撃が行われたことを確認、軽減に成功した」とある。

《ScanNetSecurity》

注目ニュース

icon

Network Time Protocol の脆弱性を悪用した反射攻撃(Reflection attack)や増幅攻撃(AMP、Amplification attack)の人気は衰えていない。それらの攻撃に対抗するため、サーバには継続的にパッチが適用されている。

icon
Internet Week 2015 セキュリティセッション紹介 第9回「今日から始めるDNSSECバリデーション」についてJPRSの米谷嘉朗氏が語る

「DNSSECを利用し、機能させるためには二つの要素が必要です。「名前を管理する人が対応すべきもの」「名前を参照する人が対応するもの」です。今回のチュートリアルは、後者の「名前を参照する人が対応するもの...

icon

DNSSEC は新しい基準となったので、(いまでは)そのキーや祭典で起こるいかなる些細なミスも、「システム全体が自分自身を信用しなくなる」という事態を生み、広範囲に渡る甚大な影響を世界中に与えることになる。

icon
3種類の新たなリフレクションDDoS攻撃を観測、アドバイザリを公開(アカマイ)

アカマイは、米Akamai社によるプレスリリースの抄訳として、同社が発行した新たなサイバーセキュリティの脅威に関するアドバイザリ(Threat Advisory)について発表した。

icon

この失敗は、ニュージャージーに拠点を置く Linux サーバホスティング業者がクリスマス後、データセンターに 10 日間の DDoS 攻撃を受け、ハッキングの恐怖に襲われたことにより、同社のユーザーアカウントのパス...

特集

RSS

特集・連載

国際アクセスランキング

国際ニュースを対象にした、直近24時間のアクセスランキングです

ピックアップフォト