シーズン4 「超可能犯罪」 第1回「プロローグ:混沌の海のファネル」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.01.23(月)

シーズン4 「超可能犯罪」 第1回「プロローグ:混沌の海のファネル」

特集 フィクション

※本稿はフィクションです。実在の団体・人物・事件とは関係がありません※

インターネットは巨大な昏い海だ。悪意も善意もまとまりもなく漂っている。だが、混沌の中にひとたびファネル(漏斗)が生まれれば、そこに悪意が集積され濃縮され、そして思いもよらない形でリアルを浸食しはじめる。

●断片1
── R式サイバーシステム社、もしかすると子会社かもしれません。そこに勤務している神作 裕史(しんさく ゆうじ)という男の住所、電話番号、そしてできることなら家族のことを知りたいのです。

先週、この男がR式サイバーシステム社のビルに入ってゆくのを見ました。もちろん、それだけでは社員と決まったわけではありません。数日間、ビルの前であいつが出入りするのを観察し、毎日通っていること、同僚らしき人々と話をしていることを確認しました。ツイッターやフェイスブックも確認しました。間違いなく、R式サイバーシステム社関連企業に勤めています。

── 理由? 依頼する理由と使い道が必要ですか。ああ、どこから入手したかぺらぺらと話したりしないか心配しているのですね。そんなことはしません。二十三年前、神作は私の娘を殺しました。

娘は高校に入学したばかりでした。たまたま学校帰りに、神作たちの自動車の横を通りかかっただけです。そのまま車に押し込まれて数日間連れ回され、最後に殺されて捨てられました。

未成年だというだけであいつの個人情報は伏せられ、数年で社会復帰しました。

もちろん、私たち家族に対しての謝罪などありません。それどころかあざ笑っています。あいつが友人に送ったメールがネットに公開されていましたが、被害者である私たちを愚弄するひどいものでした。

私はあいつを許しません。しかし殺そうとは思いません。この社会の最底辺で生きて、苦しみ続けてほしいのです。

だからこうしてあいつが仕事を変えるたびに、その情報をネットにさらし、職場や同僚に送りつけています。職を失い、路頭に迷って最低の生活を続けることが私たちの願いです。

── そうですか、あの事件のことをご存じでしたか。お引き受けいただける! ありがとうございます。では、連絡をお待ちしています。


●断片2
[復讐依頼フォーム]
ターゲット:駒野拓人
所属:R式サイバーシステム社第一営業部
目的:現在の仕事を奪い、社会的制裁を受けさせたい。
ターゲットの携帯電話番号:090-****-****
メールアドレス:komano@rcyber******.co.jp
住所:東京都渋谷区*************
備考:匿名で開設しているブログに愛人との写真やヤクザと一緒に撮った写真を掲載しています。問題になりそうな写真や書き込みは全部保存してありますので添付します。かなりのスキャンダルになると思います。


●断片3
「部長、またダメでしたね。あいつら汚いですよ」

「わかってる。ちゃんと手は打ってある。連中のやってる営業方法は問題ありすぎだ。早くやめさせないと、とんでもないことになる」

「じじいやばばあの家に上がり込んで、無理矢理携帯買わせるなんて無茶ですよ。いつか訴えられますよね。オレらまで巻き添え食っちゃいますよ」

「だから、手は打ったって言ってるだろ」

「社長になにか言ったんですか?」

「社長は、ダメだ。儲けてるヤツの話しかきかない」

「じゃあ、なにしたんです?」

「黙って見てろ。いずれわかる」

「教えてくださいよ」

「口が軽いヤツには言わない」

「ひでえ」

つづきを読む >> 第2回「誰にでもできる犯行」 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン4 超可能犯罪


【註解】
インターネット上には、怪しい闇サイト、いわゆるアンダーグラウンドサイトがたくさんある。怪しいだけで実害のないものが多いが、殺人の共犯者を募集している本気なものもある。2007年8月24日に起きたいわゆる「闇サイト殺人事件」がそうだ。闇サイト「闇の職業安定所」で強盗殺人の仲間を募集して、実際に殺人を行った。

ここまでのものは特別にしても、メールアドレスや電話番号から持ち主の名前と住所を調査しますといった軽いものから、もろに犯罪のものまで多種多様にそろっている。ご利用には注意が必要である。

ちなみにメールアドレスや電話番号から名前や住所を調べるのはものすごく簡単である。興信所でなくても素人がすぐにできる。直接連絡して、それらしいアンケートを装って訊けばよい。教えてもらえればラッキー、もらえなかったら、闇サイトから申し込んできた客にダメでしたと報告してお金をもらわなければいいだけのこと。短時間で一定の確率でお金にありつける。在宅でできる良いアルバイトなのだ。

(一田和樹)

著者略歴:作家、カナダ在住

【関連リンク】
一田和樹公式サイト
一田和樹公式Twitter
一田和樹著/講談社刊「キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム」
一田和樹著/原書房刊「サイバーテロ 漂流少女」
一田和樹著/原書房刊「檻の中の少女」
《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」

  2. [新春対談] 一田 和樹 vs 辻 伸弘 : インターネットの善悪と2017年展望

    [新春対談] 一田 和樹 vs 辻 伸弘 : インターネットの善悪と2017年展望

  3. [セキュリティ ホットトピック] 2017年のサイバーセキュリティ経営強化にすぐ役立つハンドブック、初心者から経営者向けも

    [セキュリティ ホットトピック] 2017年のサイバーセキュリティ経営強化にすぐ役立つハンドブック、初心者から経営者向けも

  4. 生体認証は危険!? 課題と危険が山積みで利用者にはデメリットだけ!?(1)

  5. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2割超がインシデント対応計画「まったく無い」、組織運用実態

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. 資産を凍結されたオートサーフの12dailyPro その実態は“ポンジースキーム”か

  8. [セキュリティ ホットトピック] 未成年によるサイバー犯罪が多発、営利目的と違う動機に注目

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン1 「R式サイバーシステム」 第1回「プロローグ:身代金」

  10. Scan BASIC MEMBERS 登録方法

全カテゴリランキング

特集

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×