「CoD」シリーズなどのチートツール製作者に約4億円の損害賠償を支払うよう判決 | ScanNetSecurity
2024.05.31(金)

「CoD」シリーズなどのチートツール製作者に約4億円の損害賠償を支払うよう判決

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』や『コール オブ デューティ ウォーゾーン』の他、『オーバーウォッチ』にもチートツールが販売されていました。

製品・サービス・業界動向 業界動向

Activisionがチートツールを販売グループEngine Owningの製作者2名に対して合計300万ドル(約4億円)の損害賠償を請求し、認められたと海外メディアAxios Gamingが報じています。

Axiosが公開した判決文によると、同判決には『コール オブ デューティ ウォーゾーン』『コール オブ デューティ ヴァンガード』などActivisionのシリーズ作品の他、『オーバーウォッチ』などActivision Blizzard全体のタイトルも含まれるようです。Activisionは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』のPC版にて電話番号認証を導入したり、チート対策システムのアップデートを実施したりするなどチートツールの対策に精力的に応じています。

また、Bungieがチートツール販売グループAimJunkiesに対して約440万ドル(約6億円)の損害賠償と訴訟費用を求め、現在審議中であることもあわせて報じられています。先日もBungieはチート販売業者に約16億円の損害賠償を請求しており、チート撲滅に毅然とした態度で臨んでいることがうかがえます。


チートツール製作者、Activisionに約4億円の損害賠償支払いへ―『CoD』シリーズなど複数の作品で被害

《三ツ矢》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×