オンラインゲームや出会い系サイト等での相談増加を受けて「若者契約トラブル110番」を埼玉県が実施 | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

オンラインゲームや出会い系サイト等での相談増加を受けて「若者契約トラブル110番」を埼玉県が実施

 埼玉県消費生活支援センターでは、若者を狙った悪質商法被害の防止と解決支援を目的に、1月19日、20日、21日の3日間、関東甲信越ブロック若者悪質商法被害防止共同キャンペーンとして、特別電話相談「若者契約トラブル110番」を実施する。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 埼玉県消費生活支援センターでは、若者を狙った悪質商法被害の防止と解決支援を目的に、2022年1月19日、20日、21日の3日間、関東甲信越ブロック若者悪質商法被害防止共同キャンペーンとして、特別電話相談「若者契約トラブル110番」を実施する。

 若者に関する消費生活相談では、オンラインゲームや出会い系サイト等、インターネットを通じてのサイト利用、転売チケット、サプリメント等の健康食品や化粧品の定期購入、エステティックサービス、SNSや友人知人をきっかけとした内職・副業についての相談が多く寄せられている。

 令和4年4月1日より、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられた。これにより、親権者の同意を得ずに、自分の意思でさまざまな契約ができるようになった一方で、その契約に対しては自分で責任を負うこととなった。また、同意なく行った契約を取り消すことができる「未成年者取消権」は行使できなくなった。

 トラブルに遭わないためにも、契約におけるさまざまなルールを知り、冷静に判断する力を身に付けていくことが大切。少しでもおかしいと思ったら、すぐに相談してほしい。

 埼玉県消費生活支援センターは県内在住、在学、在勤の30歳未満の若者を対象に、消費生活相談を実施。日時は1月19日から21日の3日間で午前9時から午後4時まで。相談受付場所は、川口の消費生活支援センターと消費生活支援センター熊谷。なお、1月21日は川口の消費生活支援センターのみ相談を受け付ける。また、消費者ホットライン「全国共通188」でも相談することができる。

 この特別相談は、関東甲信越ブロック若者悪質商法被害防止共同キャンペーンの一環として実施。さいたま市も同期間キャンペーンに参加する。

◆若者契約トラブル110番
日時:2023年1月19日(木)~21日(土)9:00~16:00 ※1月21日は消費生活支援センター(川口)のみ
会場:消費生活支援センター(川口)、消費生活支援センター熊谷
対象:埼玉県内在住、在学、在勤の30歳未満の若者

埼玉県「若者契約トラブル110番」電話相談1/19-21

《いろは@リセマム》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×