消去完了証明書をNFTで発行、データ消去ソフト「MASAMUNE Erasure」 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

消去完了証明書をNFTで発行、データ消去ソフト「MASAMUNE Erasure」

 株式会社ブレイバーは2月8日、スマートフォンデータ消去ソリューション「MASAMUNE Erasure」でのデータ消去処理完了証明書をNFT(non-fungible token)で発行する機能を搭載したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社ブレイバーは2月8日、スマートフォンデータ消去ソリューション「MASAMUNE Erasure」でのデータ消去処理完了証明書をNFT(non-fungible token)で発行する機能を搭載したと発表した。

 本NFTはブロックチェーン上に全ての情報を記載するフルオンチェーン形式で消去情報を記録するため、ブロックチェーンが消滅しない限りデータ消去処理完了証明書は残り続ける。

 データ消去情報がブロックチェーンに書き込まれることで、いつ、誰が、何を消去したのかのデータが改ざん不能で誰もが検証可能な形で記録することで、データ消去を依頼したクライアントが消去情報を確認できる。

 データ消去処理完了証明書NFTによって企業が適切にデータを廃棄したかを可視化し、本NFTの所有量が企業価値を高めるとしている。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×