悪質な「VALORANT」プレイヤーのチャットを取り締まり | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

悪質な「VALORANT」プレイヤーのチャットを取り締まり

悪質なプレイヤー減少に向けて様々な計画も予定しているとのこと。

製品・サービス・業界動向
悪質ユーザーの減少傾向みられず―『VALORANT』プレイヤー監視レポートを発表
  • 悪質ユーザーの減少傾向みられず―『VALORANT』プレイヤー監視レポートを発表
  • 悪質ユーザーの減少傾向みられず―『VALORANT』プレイヤー監視レポートを発表
  • 悪質ユーザーの減少傾向みられず―『VALORANT』プレイヤー監視レポートを発表

Riot Gamesは『VALORANT』ゲーム内における悪質なプレイヤーによるチャットに対する取り組みや今後の計画について報告しました

去年4月に本作の悪質な行為を働いたプレイヤーボイスやテキストチャットを録音、評価する新システムとそれに伴う規約更新を発表しており、今回の報告には、同システムを通じて行われたチャットミュートやBAN数のグラフが記載されています。

チャットミュートとは、悪質なチャットに対する最初の罰とのこと。去年1月時点では約35万件のミュートが行われたものの、新システムが発表された4月付近では約25万に急減。しかし徐々に数を増やしていき2022年1月には40万までに増えています。

一方、BANは「有害なコミュニケーションを繰り返したアカウント」に課されるとのことで、その悪質さに応じて数日から永久まで期間が変動。実行されたBAN数は、新システムが導入された辺りから徐々に増加。2022年1月まで一定数を保ち続けています。また、別途行われたプレイヤー調査からも「プレイヤーがハラスメントに遭遇する頻度はそこまで減少していない」と公式見解を述べました。

今後の計画として“より厳重な罰の導入”、“迅速なテキストチャットへの対処”、“ボイスチャットの検閲改善”、“地域特化のテストプログラム”などに取り組むとのことです。


悪質ユーザーの減少傾向みられず―『VALORANT』プレイヤー監視レポートを発表

《ケシノ》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

    GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  2. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  3. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

    人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  4. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  5. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  6. 教員が駅のコインロッカーに預けた個人情報入りPCが盗難被害(東海大学)

  7. 認証とID管理にガバナンスを ~ NTTデータ先端技術「VANADIS」で実現する「IGA(Identity Governance and Administration)」とは

  8. 大阪の奇跡「純国産SOCサービス」セキュアヴェイル、垂直統合までの20年

  9. 非エンジニアの文系ライターが挑んだSecuriST(セキュリスト)認定ネットワーク脆弱性診断士受験記 [前編] もしもう一度ゼロからやり直せるなら

  10. 大阪府警 三人のサイバー犯罪捜査官

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×