Xbox部門トップ「BANやブロックされたユーザーリストを他のネットワークサービスに持ち込めるようにしたい」 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

Xbox部門トップ「BANやブロックされたユーザーリストを他のネットワークサービスに持ち込めるようにしたい」

そのほか、Xbox Series X|Sの供給やXbox Cloudの展望などについても明かしています。

製品・サービス・業界動向
Christian Petersen/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Christian Petersen/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • 「BANユーザーのリストを他ネットサービスに持ち込めるようにしたい」―フィル・スペンサーがXboxの今後を語る
  • 「BANユーザーのリストを他ネットサービスに持ち込めるようにしたい」―フィル・スペンサーがXboxの今後を語る
  • 「BANユーザーのリストを他ネットサービスに持ち込めるようにしたい」―フィル・スペンサーがXboxの今後を語る

Xbox部門のトップであるフィル・スペンサー氏は、ニューヨーク・タイムズのインタビューでXboxを取り巻く状況について答えました。

スペンサー氏はインタビューで近年流行している「メタバース」について、「我々はゲームから早い段階で、仮想空間では誰しもが公平であり、外見やニックネームなどによって自分だけの個性を持てることを学んでいました」と、メタバースがあくまでゲーム世界の延長線上にあることを強調しています。

コロナ禍がビジネス面で与えた影響を「ゲーム需要が増えたのは予想外」だったと振り返り、当初は「パンクしたネットワークの対応に追われた」と話しています。そして、Xbox Series X|Sなどが入手困難になっている現状を「供給量自体は今まで通りだが、需要がそれを上回っているから」と説明。「転売屋やそのボットの為に大量の在庫を用意するのではなく、本物のお客様の手に届くように社員が24時間常に取り組んでいる」と述べました。

現在自社で取り組んでいるXbox Cloudについては「スマートフォン、タブレット、TVなどの枠組みを超えてXboxを遊べるようにしたい」としています。Netflixなど従来のストリーミングとは違い、サブスクリプションだけではなく「購入という“ゲームの伝統的な選択肢”があることが大きな違いだ」と語り、「ディスクの需要が根強い事から今後も物理媒体で売っていく」とのことです。

Xbox Live上の荒らしや政治的活動について同氏は、Xboxは「言論の自由のためのプラットフォームではなく、あくまでビデオゲームのためのもの」と位置付けました。近年買収したTwo Hat社が所有する会話モデレーションソフトCommunity Siftや会話を監視するAIなどを使い、一定のラインを超えた会話には警告メッセージを送ったり通報ボタンを用意したりすることで対策し、「今後はBANやブロックされたユーザーのリストをDiscordなどの他ネットワークサービスに持ち込めるようにしたい」と語っています。

「BANユーザーのリストを他ネットサービスに持ち込めるようにしたい」―フィル・スペンサーがXboxの今後を語る

《ケシノ》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

    GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  3. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  4. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  5. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  6. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  7. Proofpoint Blog 38回「生成 AI の影響で日本はビジネスメール詐欺が増加」

  8. 福森大喜氏 GMOイエラエに参画 ~ インターポールサイバー捜査部門 世界初 民間登用出向者

  9. Salesforce の設定不備の問題はなぜ起きたのか? ~ SHIFT SECURITY が 3 つの無償サービスを続ける理由

  10. この診断ツールがいいねと顧客が言ったから これが LAC の AI 元年 ~ AeyeScan がスキャンエンジンに採用されるまで

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×