オリゾンシステムズ、Kemp Technologies製品取扱開始「Flowmon」「LoadMaster」提供 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

オリゾンシステムズ、Kemp Technologies製品取扱開始「Flowmon」「LoadMaster」提供

オリゾンシステムズ株式会社は10月22日、米Kemp Technologies社と国内総代理店契約を締結し、同社のロードバランサー「LoadMaster」を販売開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 オリゾンシステムズ株式会社は10月22日、米Kemp Technologies社と国内総代理店契約を締結し、同社のロードバランサー「LoadMaster」を販売開始すると発表した。

 米Kemp社の「LoadMaster」は、ハードウェアアプライアンス、仮想アプライアンス、クラウド型の3種の提供形態があり、SSL処理性能の高い「LMOS(LoadMaster OS)」の優れたアルゴリズムとLSIによるアクセラレーションで高い処理性能を提供する。

 米Kemp社はオリゾンシステムズが国内総代理店を務めるチェコFlowmon Networks社を2020年11月に買収し、Flowmon Networks社のトラフィック可視化・分析アプライアンス「Flowmon」と連携させるためにNetFlow情報を生成・出力するエクスポート機能を「LoadMaster」に搭載。これにより「Flowmon」は、ロードバランサー「LoadMaster」を通過するトラフィックも分析対象に加えることが可能となり、多角的なトラフィック可視化・分析を実現する。

 オリゾンシステムズは、米Kemp社との新たな契約により「Flowmon」と「LoadMaster」を組み合わせてITシステムの可用性向上とパフォーマンス改善、品質向上のために、付加価値の高いソリューションを提供するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×