ユービーセキュア、OSINTを活用し脅威を可視化 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

ユービーセキュア、OSINTを活用し脅威を可視化

株式会社ユービーセキュアは9月1日、企業を取り巻く脅威情報を「OSINT」を活用して調査・報告し、セキュリティリスクの把握と早期対策を支援する「脅威インテリジェンスAttack Surface調査サービス」のリリースを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社ユービーセキュアは9月1日、企業を取り巻く脅威情報を「OSINT」を活用して調査・報告し、セキュリティリスクの把握と早期対策を支援する「脅威インテリジェンスAttack Surface調査サービス」のリリースを発表した。

 本サービスでは、同社のコンサルタントが顧客を狙う「脅威アクター(攻撃者)」の視点で、ドメインに関連するサブドメインやWebサイトを洗い出し、機微情報や侵害データ収集、「Attack Surface(攻撃可能な領域)」を調査し、対策案とともに報告を行う。

 特定のサーバやシステムに対する調査ではなく、自組織を外部の攻撃者からの複合的な視点で脅威を分析・可視化することで、脅威の把握と早期対策が可能となる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×