近鉄Webサイトのセキュリティを強化、Windows8以前は非対応に | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

近鉄Webサイトのセキュリティを強化、Windows8以前は非対応に

近畿日本鉄道(近鉄)は2月24日、ウェブサイトのセキュリティを強化することを明らかにした。

製品・サービス・業界動向 業界動向
近畿日本鉄道(近鉄)は2月24日、ウェブサイトのセキュリティを強化することを明らかにした。

近鉄ではこれまで、インターネット通信の暗号化方式にTLS(Transport Layer Security)1.0、1.1、1.2を用いてきたが、1.0と1.1については脆弱性が指摘されていたため、ウェブサイトのうち「インターネット予約・発売サービス」と「運賃・料金検索」でこれらを介しての通信を無効化する作業を2月に実施。さらに3月10日14~16時には、残るページについても同様の措置を採るための作業を行なうとしている。

これにより、作業後はTLS1.2に対応しない環境では閲覧できなくなり、PCがWindows8以前とMacOS10.8以前、スマートフォトとタブレットがiOS 4以前、Android OS4.4以前の環境で使用している古いブラウザで影響を受けるという。

近鉄では「『TLS1.2』に対応しているブラウザをご利用の場合でも、『TLS1.2』が無効になっている場合は有効化の設定が必要です」とアナウンスしている。

近鉄のウェブサイトでセキュリティ強化…Windows8以前などの古いOSとブラウザで影響 3月10日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×