USBリモート端末でセキュリティを確保したテレワークを実現(セコム、セコムトラストシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.05.28(土)

USBリモート端末でセキュリティを確保したテレワークを実現(セコム、セコムトラストシステムズ)

セコム株式会社とセコムトラストシステムズ株式会社は8月3日、企業のテレワークを支援する「セコムあんしんテレワーク(USBリモート端末)」を8月から発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
セコム株式会社とセコムトラストシステムズ株式会社は8月3日、企業のテレワークを支援する「セコムあんしんテレワーク(USBリモート端末)」を8月から発売すると発表した。

テレワークや在宅勤務のニーズが高まっているが、セキュリティが施されたテレワーク用のノートパソコンの手配や、従業員個人のパソコンを使用する際の不正アクセス、情報漏えいなどセキュリティ対策が導入のハードルになっている。

セコムトラストシステムズ社の「セコムあんしんテレワーク(USBリモート端末)」では、USBリモート端末を従業員個人のパソコンに挿入することでテレワークを可能にするサービスで、導入企業の事業所にリモート接続用のVPNゲートウェイ環境を構築後に、従業員個人のパソコンにUSBリモート端末を挿入し起動すると専用OSが起動し社内システムに接続、会社と同じ環境でのテレワーク実施が可能となる。

USBリモート端末は電子証明書がインストール済みで、インターネット通信には仮想専用線接続(SSL-VPN)を用いてセキュリティを確保、また、USBリモート端末や個人パソコンにはデータを残さないシンクライアント方式で、紛失や盗難、破損のリスクを軽減する。

最小10本からの契約で、初期導入費用は100,000円(税別)、USBリモート端末の初期費用は4,000円/本(税別)、月額費用は1,480円/本(税別)、通信装置(VPNゲートウェイ機器)の初期費用は150,000円(税別)から、月額費用は20,000円(税別)からとなっている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×