最大800Gbpsまで拡張可能な、DDoS対策専用仮想アプライアンス(A10) | ScanNetSecurity
2020.05.25(月)

最大800Gbpsまで拡張可能な、DDoS対策専用仮想アプライアンス(A10)

A10は、DDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の仮想アプライアンス「A10 vThunder TPS」を6月までに日本市場にて提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
A10ネットワークス株式会社(A10)は4月20日、DDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder TPS」の仮想アプライアンス「A10 vThunder TPS」を6月までに日本市場にて提供開始すると発表した。主にサービス事業者向けの同製品は、1台の仮想アプライアンスで100 Gbpsのスループット性能を備え、8台のクラスタ構成により最大800 Gbpsまで拡張することが可能。DDoS攻撃の規模に応じて段階的に拡張可能な、エラスティックなDDoS防御基盤を構築できる。

KVMやVMware ESXi、Microsoft Hyper-Vなどの主要プライベートクラウドプラットフォームに対応し、帯域幅を共有できるサブスクリプションライセンス「A10 FlexPool」を利用しライセンスを割り当てることで、ハードウェアアプライアンスでは購入から配送、インストールまでを数時間で行うことも可能。また、サービス事業者の5GやNFVによるビジネス変革を支援するための製品群「A10 Orion 5G Security Suite」とA10 vThunder TPSを連携させることで、DDoS攻撃の検出と緩和だけでなく、モバイルやクラウドネットワークのインフラ全体にわたる各種脅威に対する保護を実現するとしている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×