倫理と技術そしてハードニング、情報セキュリティ教育プログラム開発(香川大学、ネットワンシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

倫理と技術そしてハードニング、情報セキュリティ教育プログラム開発(香川大学、ネットワンシステムズ)

香川大学とネットワンシステムズは、情報セキュリティ人材の育成を目的に、情報セキュリティ教育プログラムを共同で開発すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
国立大学法人香川大学(香川大学)とネットワンシステムズ株式会社は3月31日、情報セキュリティ人材の育成を目的に、情報セキュリティ教育プログラムを共同で開発すると発表した。共同開発した情報セキュリティ教育プログラムは、4月より香川大学創造工学部において実際に利用される予定。

実施される教育プログラムは、情報セキュリティ倫理や、暗号技術をもとに情報セキュリティ技術の基礎を学ぶ「情報セキュリティI」、ネットワークセキュリティ、攻撃対策を演習形式(ハードニング)で学ぶ「情報セキュリティII」および「情報セキュリティ演習」で構成される。講師はネットワンシステムズの「ネットワークアカデミー」およびネットワークエンジニアが務める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×