「GTAオンライン」でModやエクスプロイトなどを利用して不正取得されたゲーム内マネーを一斉削除(Rockstar Games) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

「GTAオンライン」でModやエクスプロイトなどを利用して不正取得されたゲーム内マネーを一斉削除(Rockstar Games)

製品・サービス・業界動向 業界動向

『グランド・セフト・オート V(Grand Theft Auto V)』のオンライン要素として拡大が続いている『GTAオンライン(GTA Online)』ですが、Rockstar GamesはModやエクスプロイトなどを利用して不正に取得されたゲーム内マネーを該当ユーザーの共通口座から一斉削除しました。


対象ユーザーへの警告メッセージ
サポートサイトではQ&A形式で実施内容が伝えられています

質問:「GTAオンライン」にログインした際、不正に取得したゲーム内マネーを共通口座から削除したという警告を受け取りました。これはなぜですか?

回答:公平なプレイ環境を保つため、プレイヤーの口座から不正に取得したゲーム内マネーを削除しました。アカウントに不正に取得した資金が確認された方に、共通口座の残高を修正したという警告をお送りしています。

質問:口座残高が修正された場合、シャーク マネーカードで購入したGTAマネーはどうなりますか?

回答:シャーク マネーカードで購入したGTAマネーはアカウントから削除されず、不正に取得したゲーム内マネーの削除による影響は受けません。

海外フォーラムが行ったアンケートによれば、不正を行っていたユーザーの多くが10億ドル以上のゲーム内マネーを損失。あるユーザーは1000億ドル以上を損失したようです。ちなみに不正を行ったユーザーのアカウント一時停止や永久停止のポリシーは次のようになっています。

質問:「GTAオンライン」でアカウントを一時停止または永久停止された場合はどうなりますか?

回答:「GTAオンライン」アカウントの停止は、「GTAオンライン」でのMOD使用、ゲーム内機能の不正使用および悪用、保護されたゲームデータやコードの操作、他のプレイヤーに対する迷惑行為など様々な要因で発生します。上記のような行為があった場合、その深刻度によってアカウントを一時停止とするか、永久停止とするかを決定しております。「GTAオンライン」アカウントの一時停止後も違反行為が確認された場合、アカウントを永久停止させていただきます。アカウントを一時停止された方は「GTAオンライン」にアクセスできなくなります。一時停止の期間は、「GTAオンライン」のプレイを試行後ストーリーモードに戻る際に表示されるスプラッシュスクリーンに記載されています。また、「GTAオンライン」で作成したキャラクターはすべてリセットされ、「GTAオンライン」の進行状況、不動産、所持品もリセットされます。「GTAオンライン」アカウントの一時停止および永久停止の決定は最終的なもので、不服申し立ては受け付けません。
時間をかけずにゲーム内のアイテムを沢山購入したいという気持ちは多少理解できますが、不正を行うのはいけません。今回対象となったユーザーはこれを機に心を入れ替えてくれると良いのですが……。


なお、『GTAオンライン』は10月28日よりハロウィンイベントが実施予定となっており、新たなバイク“サンクタス”や新たな敵対モード“ロストVSダムド”などが登場。また、本作の3周年を記念して10月31日までにログイン(PS4/Xbox One/PC版)したプレイヤー全員にGTAマネー25万ドルが贈呈されるとのことです。イベントに関する詳細は公式サイトにてご確認ください。

『GTAオンライン』で不正に取得されたゲーム内マネーが一斉削除―1000億ドルに及ぶユーザーも

《RIKUSYO》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  6. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  7. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  8. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  9. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  10. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×