プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.25(月)

プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エプソンは、同社製プリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin(エプソン プリント アドミン)」を3月上旬から提供することを発表した。

 同オプションを利用することで、不要な印刷の削減や、印刷量やカラーの使用制限を行いコストを削減できる他、プリンタの利用制限や印刷者の把握による情報漏えい対策、利用費用の部門別集計などの機能も備えている。

 主な機能として、プリンタに接続されたカードリーダーに手持ちのICカードをかざさないと印刷できない「目前印刷」機能を始め、個人や部門ごとに不要なコピーや印刷を抑制する「印刷制限」機能、利用者ごとに複合機(コピー/USBメモリー/スキャン/FAXなど)の利用権限を与えられる「機能利用制限」機能、「利用ログの管理」機能など、全6機能。

 「目前印刷」機能なら、プリンタの前にいなければ印刷できないため、印刷物の取り忘れ&取り違いや、取り忘れなどが原因となる情報漏洩を抑制することができる。また「機能利用制限」や「利用ログの管理」機能により、管理者側が従業員の印刷を制限・管理することで情報漏洩への抑止効果が期待される。

 対象機種は同社のスマートチャージA3複合機とPX-M7050FP。利用期間サービスパックの価格は96,000円/1年から432,000円/5年など。また、「スマートチャージ」サービスの利用者なら月額利用料は8,000円/月となっている(いずれも税別)。

情報漏洩リスクを低減……エプソンが認証印刷オプションを提供へ

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. 「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

    「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 世界の大規模漏えい事故から、日本企業の「社外」にある情報資産を可視化(イード)

  5. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  8. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  9. アジア以外ではランサムウェアの検出数が前年の2倍に、脅威の進化も(チェック・ポイント)

  10. ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×