プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.05.27(土)

プリンタの利用制限や印刷者の把握で情報漏えいを防止(エプソン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エプソンは、同社製プリンタ用の認証印刷オプション「Epson Print Admin(エプソン プリント アドミン)」を3月上旬から提供することを発表した。

 同オプションを利用することで、不要な印刷の削減や、印刷量やカラーの使用制限を行いコストを削減できる他、プリンタの利用制限や印刷者の把握による情報漏えい対策、利用費用の部門別集計などの機能も備えている。

 主な機能として、プリンタに接続されたカードリーダーに手持ちのICカードをかざさないと印刷できない「目前印刷」機能を始め、個人や部門ごとに不要なコピーや印刷を抑制する「印刷制限」機能、利用者ごとに複合機(コピー/USBメモリー/スキャン/FAXなど)の利用権限を与えられる「機能利用制限」機能、「利用ログの管理」機能など、全6機能。

 「目前印刷」機能なら、プリンタの前にいなければ印刷できないため、印刷物の取り忘れ&取り違いや、取り忘れなどが原因となる情報漏洩を抑制することができる。また「機能利用制限」や「利用ログの管理」機能により、管理者側が従業員の印刷を制限・管理することで情報漏洩への抑止効果が期待される。

 対象機種は同社のスマートチャージA3複合機とPX-M7050FP。利用期間サービスパックの価格は96,000円/1年から432,000円/5年など。また、「スマートチャージ」サービスの利用者なら月額利用料は8,000円/月となっている(いずれも税別)。

情報漏洩リスクを低減……エプソンが認証印刷オプションを提供へ

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「こうして感染する」ランサムウェア感染プロセスと対策~トレンドマイクロ岡野氏に聞く

    「こうして感染する」ランサムウェア感染プロセスと対策~トレンドマイクロ岡野氏に聞く

  2. Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出

    Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出

  3. 高まる自動車のサイバーセキュリティの重要性を受け、JASPARに加盟(FFRI)

    高まる自動車のサイバーセキュリティの重要性を受け、JASPARに加盟(FFRI)

  4. サイバーセキュリティ分野で協力、連携して研究を促進(NICT、シスコ)

  5. 重要インフラ向けに新手法、ルールに逸脱する通信をサイバー攻撃と検知(三菱電機)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. 社内のPCとサーバを把握し、収集したパッチ情報と緊急度を提示する製品(カスペルスキー)

  8. OKIがSOC事業に参入、7月より運用監視サービスを提供(OKI)

  9. 「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」を公開、手動診断を定義(JNSA、OWASP Japan)

  10. 標的型攻撃の被害範囲を特定する新機能を搭載、今後は内部不正検知にも対応(富士通)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×