モジュラージャックを物理的に塞いでデータ漏えいを防止(サンワサプライ) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

モジュラージャックを物理的に塞いでデータ漏えいを防止(サンワサプライ)

 サンワサプライは6日、ハブなどのRJ-45モジュラージャックを物理的に塞ぐことでデータ漏えいを防ぐセキュリティ製品「SL-68」を発売したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 サンワサプライは6日、ハブなどのRJ-45モジュラージャックを物理的に塞ぐことでデータ漏えいを防ぐセキュリティ製品「SL-68」を発売したことを発表した。

 「SL-68」は、使用していないLANハブのポートや、パソコンのLANポートなどに差し込むモジュラージャックガード。付属する専用工具がないと取り外すことができないため、データ漏えいなどの危険性から物理的セキュリティ対策が求められる現場での使用に適している。

 RJ45ジャックを採用した多くの機器に対応する。本体10個と専用工具1本の構成となり、価格は5,400円。

モジュラージャックを塞いで漏えい防止、サンワサプライから新製品登場

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×