ブラウザからMicrosoft Officeドキュメントを直接編集可能に(Dropbox) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

ブラウザからMicrosoft Officeドキュメントを直接編集可能に(Dropbox)

 Dropboxは10日、Word/PowerPoint/Excelドキュメント(Office文書)を直接編集できるようになったことを発表した。デスクトップ版Microsoft Officeがなくても、ブラウザからドキュメントを直接編集可能となっている。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 Dropboxは10日、Word/PowerPoint/Excelドキュメント(Office文書)を直接編集できるようになったことを発表した。デスクトップ版Microsoft Officeがなくても、ブラウザからドキュメントを直接編集可能となっている。

 ファイルをプレビュー中に[開く]ボタンをクリックするだけで、Office Onlineを活用し、ブラウザからファイルを直接編集できる。変更内容はDropboxのファイルに自動保存される。一方Office Onlineからは、Dropboxへの直接保存などに対応した。

 DropboxとMicrosoftは、2014年11月に戦略的パートナーシップ締結を発表。iOSとAndroidデバイスでのOffice文書の閲覧・編集に対応するとともに、Windows Phone向けにもDropboxの提供を開始した。今回新たに両社のサービス統合を推し進めた。

 なお、現在Dropboxに保管されているOffice文書数は350億超になっているとのこと。

Dropbox、Officeなしで文書のオンライン編集が可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×