クレジットカードデータをサーバーに保存しないPOSシステム(日本NCR) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

クレジットカードデータをサーバーに保存しないPOSシステム(日本NCR)

情報処理システムを扱う日本NCRは、「リテールテックJAPAN2015」で、多彩な決済手段に対応するソリューション「NCR RES ePayment V5.0」を出展した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 情報処理システムを扱う日本NCRは、「リテールテックJAPAN2015」で、多彩な決済手段に対応するソリューション「NCR RES ePayment V5.0」を出展した。先進的でユーザーフレンドリーなPOSシステムが数多く出展される中、同ソリューションは外部からの不正アクセスに対応。クレジットカードデータなどをサーバーに保存しないという。

 「NCR RES ePayment V5.0」は、クレジットカード、デビットカード、ICクレジットカード、Suicaなどの各種電子マネー決済に対応する。消費者のデータを読み取ると、即座に暗号化されて決済機関のサーバーに送信される。端末には消費者のカードデータ(カード番号や有効期限など)を残さないため、もし外部からハッキングされても、顧客のカード情報は漏洩しない。

 一方でJ-MupsサービスやPastelPortサービスとも標準で接続でき、マルチ電子マネーに対応。コンパクトな筐体であらゆる場所に設置可能だ。日本で初となるカード情報の国際データ・セキュリティ基準の最新版、PA-DSS Version 3.0認定もパスしている。

日本NCRがカード情報を残さず決済できるシステムを出展

《宮崎崇@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×